« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017.04.28

格安スマホで急増するトラブル 避けるための3か条


格安スマホで急増するトラブル 避けるための3か条 より抜粋

「乗り換えたらメールが届かなくなった」:提供されているサービスの違いだ。
「電話窓口がつながりにくい」:サポート体制の違いだ。
「格安SIMが使えないスマホだった」:格安SIMと利用するスマホ端末の組み合わせだ。
・・・
注意すべきポイントは以下の3つだ

「よくある質問」や「Q&A」を事前に読む
「動作確認済み端末」のチェックは必須
「保証オプション」で会社を選ぶ
・・・
通信会社側にも改善が求められる

 今回の注意喚起の最後では、国民生活センターから業界団体に対し、苦情減少のための取り組み強化が要望されている。

家電量販店で「買った」SIMカードは誰のもの?(メールでよくある情報提供と回答)_国民生活センター
格安SIMカードを入れて使用していたスマホの修理対応(相談事例と解決結果)_国民生活センター
「SIMロック解除に関するガイドライン」の改正(中央省庁からの情報)_国民生活センター
通信販売を装った「SIMフリースマートフォン」の勧誘に関する注意喚起(中央省庁からの情報)_国民生活センター
「SIMロックの解除に関するガイドライン」の公表等(中央省庁からの情報)_国民生活センター


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.14

「ソフトバンクiPhone 7」は格安SIMでお得になるか?

「ソフトバンクiPhone 7」は格安SIMでお得になるか? より抜粋

・・・
例えば、ソフトバンクのiPhone 7 128GBモデルでスマ放題ライトと月20GBのデータ定額サービス(月額8000円)を契約していた人が、楽天モバイルに乗り換え後は月10GBまでの料金プラン(月額2960円)を契約した場合、5分間の通話定額オプション(月額850円)を付けたとしても、2年間の合計コストでは1万2442円安くなる。

 また、同じiPhoneでホワイトプランと月7GBまでのパケット定額サービス(月額6934円)を契約していた人が、楽天モバイルでは月3.1GBまでの料金プラン(月額1600円)を契約した場合、2年間の合計コストは3万3034円も安くなる。

 大手携帯電話会社の契約よりも少ない容量のプランに変更できる場合や、電話をかけることが少なく通話定額オプションを付けなくても問題がない場合には、契約解除料などのコストを掛けてでもSIMロックを解除してすぐに乗り換えたほうが、2年間の合計コストは安くなるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.08

スマートフォンを PC のように使う


スマートフォンを PC のように使う



Windows 10 Mobile の Continuum でスマートフォンをディスプレイやテレビにつなげれば、スマートフォンをあたかも PC のように使うことができます。Bluetooth 対応のキーボードとマウス*を利用することも可能。使い慣れた Office Mobile アプリをテレビに表示して、訪問先で PowerPoint からプレゼンする。そんな新しいワークスタイルを Windows スマートフォンが実現します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »